m

標準

#わざわざ、わたしの夢に出てきてわざと無視した。
#わざと!
#わ・ざ・と!
#当たり前だが、そんな風にされたら傷つく。
#夢ですらこんな気持ちになるというのに、あまつさえ、現実、、

などと考えていると、
それが現実なのか夢なのかすっかり曖昧になってしまう。
思い出なんていくらでも変えられる。

例えば、人になにかを伝えようとするとき
故意にある部分だけを強調して、思い出を歪めるようなことがある。
それも一種の嘘なのだろうけれど、
それって悲しい嘘だな。否、楽しい嘘だろうか。

わたしはわたしの世界で完結したら、好きしかない完璧な世界が構築されるのだろうけれど
そんなことができるほど宇宙は甘くはないし、
甘そうに見えて無味!真っ暗!宇宙!

偏頭痛でずきんずきんする右頭を横たえて軽い吐き気と眩しい視界とうるさい耳を
斜め下の思考でなだめる夜なのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中