「西村ツチカ個展 クマよけの鈴」のこと(3)

標準

会期中、在廊してらっしゃったツチカさんにお会いするたび、サインをお願いしていました。

図々しくも、何度もお願いして本当に恐縮と申し訳なさと、
うれしくて仕方がない気持ちと、
行ったり来たりであっぷあっぷしていましたが、
気さくに応じてくださり、本当にうれしかったです。

ずっと眺めては、触りたい衝動と大事すぎて触れない理性の狭間に居ます。

拙い言葉で質問をしたり、
まとまらない頭で考えていたことを聞いていただいたり、
反芻しては、また作品の世界に迷い込むような。

その、サインです。
(じまんです)

 

(1)iPhone
写真-7
毎日持ち歩くものに、いつでも見られるところに、と思い
iPhoneの裏にお願いしました。
個人的思い入れで、ボーダーのお洋服を着ている人は無条件に好きなので、
ちょっと見透かされた気持ちになりました。

 

(2)手帳
写真-10
こちらも、いつでも行動を共にするものに、と手帳の最初のページにお願いしました。
大好きなチカちゃんと、りんごをお願いします、とお伝えしたところ
DJ姿のチカちゃん!
いつか私が人前に立つことがあれば、この格好でやろうと決めました。

 

(3)さよーならみなさん
写真-9
コミックスの、表紙裏に。
このときもリクエストをきいていただき、派手なのをお願いします!と。
傘の持ち方が、みなちゃんらしくて、かわいくて、
PR0P0SEの「雨模様」を聴きながら帰りました。

 

(4)ユースカ
写真-8
先行発売で購入した、ユースカの最初のページに。
夏っぽいものを、とお願いしたところ
「あほっぽい、あほっぽくなった」とおっしゃっていて
夏のよさはまさにその一点!と勝手に思っていたので、
うれしかったです。
毛量と唇の赤さとカナアミのお洋服が、わりと私っぽいので、こういう女の子になりたいです。

以上、宝物じまんでした。

「西村ツチカ個展 クマよけの鈴」のこと(2)

標準

「さよーならみなさん」のこと。

物語が、ひとつのフォーマットをもって繰り返される中で、
厄介男子たちは「捨てる」「与える」行為を行い(それは持ち物であったり、身体の一部であったり、命)
みなちゃんは「拾う」「譲り受ける」「もらう」存在であり続ける。

その対比の中で、石倉はハンカチもちり紙も、「捨てない」。

最終話で、その「捨てない」行為は
2つの選択肢を思わせる。

もし、みなちゃんが自転車に乗れるようになったならば。
石倉は、自転車から手を「離し」、みなちゃんは店長から自転車を「もらう」。

もし、みなちゃんが自転車に乗れないままならば。
石倉は、自転車から手を離すことなく、みなちゃんは自転車を「もらわない」。

みなちゃんにとって、
後者は他者との関わりという意味で大きな変化を迎える。
前者は、自分自身に大きな変化が訪れる。
どちらの未来も、変化をともなう新しい世界であるが、いずれかは受け入れざるをえない。

また、「集める」という行為が
『執着』そのものを示すのだとすれば、
つぎつぎと手にしたものが変化していく(交換していく)みなちゃんにとって
自転車は、通過点のひとつに過ぎないのではないか。

不変であることの困難さ、
変化を受け入れざるを得ないさだめ、
……というものをテーマとして読みました。

私は、みなちゃん自身の変化の予兆のまま終わって行く物語に、好きな未来を当てはめています。
きっとみなちゃんは、自転車に乗れるようになり、きちんと変化を受け入れる。
そして、これからも不意におとずれる困難を、変化しながらかわして生きて行く、そう思っています。

「西村ツチカ個展 クマよけの鈴」のこと(1)

標準

西村ツチカさんの個展、『クマよけの鈴』を見に行きました。

マンガの生原稿を見るのははじめてで、
ふと、芦屋の谷崎潤一郎記念館の景色が頭に浮かんだので、生原稿特有の迫力を無意識に感じ取ったのかもしれません。
(限りなく、畏怖、に近い。)

特に印象的だったのが、ピューリッツァー賞のワンシーンでした。
小説でも映画でも、もちろんマンガでも、
「首を吊る」と「女の子が身体を無理矢理触られる」という状況がどうしてもつらくて
(特にそういう過去がある、という訳ではなく、単純に、蜘蛛が怖い・蛇が怖い、と同じように理由がなく漠然と怖い)
読み飛ばしたり目をつぶってしまうのですが、あまりにも伸びやかな清々しい絵に、
もう一度読み返してみたくなり……
せっかくの、好きな作家の方の作品を、自分で狭めて読まないのは勿体ない、と痛感。
未来のあるラストに、改めて救われた思いでした。
(でもやっぱり明らかな悪意も、無邪気なそれも、読み返して向き合うには覚悟が必要)

そして、もうひとつが、藤村の夢の、みなちゃんでした。
百合が印象的な絵で、でもあまり見覚えがなくて、はじめて見た感覚があって……
(これはトークショーを通して、雑誌版で読めるということが後にわかる)
この絵がきっかけで、もう一度、
「さよーならみなさん」について考え直したので、そのことを次の記事にまとめます。

プレビュー会 14S/S

標準

MARC BY MARC JACOBSのプレビュー会に行ってきました!
(楽しかったので忘れないようにブログにします)

大阪は、久しぶりに会場が変わり、最先端のあのビルの地下!
写真-18
広くて見やすかったです。
こうして見るとスタジオっぽい。

iPadとルックブックで今期のおさらいをしてから、
さっそくお洋服を見て行きます。

写真-16
この柄は、仲里依紗ちゃんが着ていたのと同じ!
型がいくつもあって、シルクのワンピースが気になります(が、今期はシルクのワンピースがどれもよくてまようまよう・・・)

写真-13
羽織ものは試着できます。
このスプリングコートが、マリンテイストで最高!
シルエットもかわいい〜!

写真-15
電波柄!!
インターネット側の人間としては、是非ともこの柄は抑えたい!

ブラウスもワンピースも、どれもよくて、こちらもまよいます・・・

写真-14
リュックもかわいい!

少し疲れて、座って休憩。

ドリンクは、果実酢ベースのノンアルコールカクテルがうれしかったです(そして美味しかった)。
お菓子もかわいい〜♡
写真-11

スポーツ(スニーカーも多かった)や、グラムロックといったテイストが強めで
普段あまりその辺りは攻めないのですが、
これもひとつのチャレンジということで、
何点か予約しました。

ちょっとびっくりする派手な布があったので、
これは絶対に着たい・・・!と思い、予約。

いろいろと今回は、(一身上の都合で)なくなく諦めたお洋服が多すぎて
チェキで沢山撮りました。
写真-19

相変わらず、帰り際が淋しいですが
楽しい写真撮影を!
そして、ニューヨークがモチーフの大きなトートバッグをお土産にいただきました。

旅行お供になりそう!

最後に、コットンキャンディのお土産まで♡
写真-17
ラブリーなひとときでした。

標準

これから、依頼されてもいないコラムを勝手に書きます。

***

さかのぼること約4年、2009年頃のことです。
私は突然、マルチネレコーズに出会いました。

imoutoid氏のPART3と、dj newtown氏のflying between stars(seikan hiko)に衝撃を受け
インターネットで沢山のことを調べました。

無料で音楽が聴けるということ、
自分よりずいぶん年下の人たちがやっているということ、
知ることすべてが刺激的でとてもまぶしく感じたことを覚えています。

インターネットで知った世界は、完全に閉ざされた(独立した)世界のように思え、
特に誰に話すでもなく、
自分との対話に近い聴き方をしていました。

すると、「MP3 killed The CD star ?」が発売されたのです。
フィジカルリリースです。
ひときわ目を引く大きなパッケージがCDショップに並ぶのを見て、
インターネットと自分の頭の中にしかないように思っていた世界が具現化しているのを見て、
その事実が全く飲み込めず、
ほとんど毎日CDショップに陳列されているのを確認しに行っていました。
見るたびに安心しては、手に取り、また棚に返す毎日でした。

抽象的な存在ではなく、ネットレーベルの人々は「実在する」ということを
認めざるを得ない状況は、
少しだけ私のことを苦しめました。

未知の世界は、恐怖だったのです。

とびこむ勇気は、唐突に訪れました。
ただ、大きな地震で、私はまた怖くなってしまいました。
暗い気持ちで、ニュースを見続けながら、北加賀屋のことを考えていました。

そして、その半年ほど前に、私は別の出会いも果たしています。

大阪にライブをしに来ていた、golfの対バンとしてブッキングされていた
Sugar’s Campaignという名前の、3ピースバンドです。

物理的に(電気の力で)輝いていた彼らが、
あまりに面白いので、
「面白い」というワードが頭の中を占めていました。
聴きやすいのに心に引っかかる楽曲の印象が、薄れてしまうほどでした。

演奏が終わったとき、安東さんが「かっこいい」とつぶやくのを聞いたのが、
我に返った瞬間です。
面白い、のひと言で済ましてよいバンドではないと、気づかされた瞬間でした。

まったく別の、それぞれ興味が、あるとき交差しました。
地下一階でのイベントです。
バンドとして出演予定だったSugar’s Campaignは、急遽、Seiho氏を助っ人とした非バンド形態で、
オカダダ氏とtofubeats氏も出演されていて、
ただその交差はあまり深くない角度で、
なんとなくの予感だけがそこに漂っていたのだと思います。

予感が確信に変わったのは、カブチネでした。
就職説明会にも参加できず、またマルチネの非実在感が増す中、私は東京にいました。

歌舞伎町ではなく、下北沢にいました。
ネットカフェにいました。
インターネット越しに、見るほかなかったのです。
隣に、ほとんど同じ女の子がいました。
きっと悲しかったと思います。
でも、それより、何倍も楽しくて、ドキドキする世界だと思いました。

交差した先にあったものは、
「点と線を繋い」だ三角形の先にあったものは、
山でした。

この山を登った先にあるもの、私は見てみたいのです。

RUBY

標準

RUBY
11.23(土)
@ der kiten

Guest:
Keita Kawakami (Dress Down / リズムステップループス)
BABY (maiwai / タイガーウッズ / E3!!!)
Arimuri(in the blue shirt / Kyoto Indie Village)

RUBY DJ:
・KoHey (Study, Drink.)
・Shuji Nabara (DonutTalk / Study, Drink.)
・zico (OZ / 星をみるひと)
・yorino

food:
 またたび食堂